心の断捨離

きっと忘れないし、
たぶんこれからもこの季節には、この曲を思い出すのだろう。

SAKURAドロップス(作詞 作曲 歌:宇多田ヒカル)

体の断捨離

1か月半くらい間を空けてしまっていた体の断捨離を再開。

使っているのは、
『RPBメソッド』(あめのもりようこ著/大和書房)

激しい運動ではないのですが、かなり深い所に効く
コアトレーニングとストレッチを組み合わせた身体運動です

やり始めたばかりの時は
なんだか長くやらなきゃいけなくて面倒と思っていたけれど、
単なる思い込みでした(^_^;)

たった20分で汗だくになれるなら、毎日やれたはず。
なんで長いと思ったのか。

これからはやりまーす。
(震災にあったから止めたと言い聞かせてたのは内緒w)

あめのもりようこさんの公式サイト
http://excellcia.com/

心に在る本

心に在る本というと、私のこころの根底とも言えるこの本。

北条司先生著『CITY HUNTER(シティーハンター)』

理想の関係がたくさん詰まっている。

獠と香の関係
仲間や敵たちとの関係
新宿歌舞伎町のお姉さんがたとの関係(笑)などなど

絆や縁と呼ばれるものなのかな。

あと、素敵なひとがいっぱい。
強さはそれぞれだけど、強くて美しい。
幼い頃から憧れていて、今でも憧れている。

一番大きいのは『CITY HUNTER(シティーハンター)』に出会った時から
こんなことを望んでいるからかも。

獠のような大きな気持ちで受け止めてくれるような人と出会いたいし、生きていきたい。
そのためにも強くて美しいひとになりたいし、そう在りたい。

北条司先生公式サイト
http://www.hojo-tsukasa.com/index.php

自分の力で手に入れられるもの

これは想いに囚われないためのリストの一つ。

書いてみて気付いた。
本当に欲しいと願うものは、
どんなに時間が掛かろうと自分の力で手に入れることが出来る。
人に叶えてもらわなくても自分で掴める。

「自分の力で手に入れられるもの」

食べるもの

着るもの

住むところ

学びの場(本、セミナー受講などなど)

時間

仕事

ドミニック・ローホー著作一覧



いつか、晴れる日

大切な人を手放さなくてはならなかったり、
大切な場所から離れなくてはならなくなったり。

いろいろあるけど、
自分の心の在り方が、これからの未来の自分を創るのだろう。

こんな感じにつらつらと考えていた時に購入した石井ゆかりさんの詩集。

うーん、なんだかシンクロ。

「いつか、晴れる日」(石井ゆかり 著/2009年6月11日ピエブックス発行)より引用

(前略)

いまは、わかってもらえなくても
いつか、伝わるかもしれない

なにもできてないけど
なにかしたいとおもう気持ちは
このまま持ちつづけていこう

だれかが自分を
ほめてくれた言葉を忘れない

だれかが自分を
しかってくれた言葉を忘れない

あの約束も
やぶりたかったわけじゃない

だから、せめて
守れなかった約束のことは
忘れない

何かを失うことを怖がらない
何かを失ったときに
感じた痛みを忘れない

(中略)

ごめんなさい、とあやまるより
ありがとう、と受け取るほうが
はるかに勇気がいる

くり返し波に洗われた砂が
うつくしくまるくなるように
瞳も涙に洗われたぶんだけ
輝きを増す

自分の痛みで胸がいっぱいのとき
生きていることは苦しい

大切な人のことを考えたとき
その人が生きていることが、
なによりうれしい

(中略)

いつか、晴れた日にまた
海にいこう

(中略)

いつか、
胸の中がきれいに晴れあがったら
新しい約束をしに、海にいこう

そのときはきっと
だれかと並んで
ここを歩いているだろう

東日大震災から1カ月め

東日本大震災から1カ月が経ちました。
今日も黙とうしました。祈ることは出来ます。

今日は余震がひどく続きましたね。
だんだん慣れてきたのもあって、
ある程度まではそのまま流すことが出来るようになっています。

けれど他の事等も重なり、
かなり疲れていたのもあって寝落ちしてしまいました。

ちなみに「余震」というのは本震より規模が小さいので、余震なのです。

が、今回の東日本大震災の地震レベルは最大規模なので、
余震も「極めて稀に起きる地震」レベルなのです。

稀なはずの規模の地震が日々、東北エリアで起きているのです。
地殻変動がかなりすごいので、
今まで地震が起きていないエリアでの
極めて稀に起きる地震レベルの余震があるかもしれません。

立ち止りたい気持ちもすごくわかります。
油断せずに、でも怖がり過ぎずに、小さな事から日々、動いていきましょう。

いざ、伊勢志摩の旅へ

今日はいつもより早い更新です。
ただいま、西新宿から夜行バスに乗り、伊勢志摩へ向かっています。

ずっと伊勢神宮に行きたかったので、色々調べて日帰りツアーにしました。
毎月、開催されているので、皆様も是非是非!

ツアーの申し込み先は戻ってきたら書きますね。
では皆様良い週末を!!行ってきまーす\(^o^)/

【4/9追加】

私が予約したのはこの旅

「パワースポット伊勢神宮バスツアー」

http://www.shikiclub.co.jp/shikitabi/trip_day/isejingu.html

本震?!

のんびり夜更かしを楽しもうかと思っていた矢先に
緊急地震速報が鳴りだしました。

身構えたものの一瞬間が空いたので、誤報?と思いきや、
かなり大きな縦揺れが。

11 日以降、はじめて怖いと思う余震に遭いました、
小さい余震も続くと心と体が疲弊していきます。

大きな余震は、本震を思い出して怖くなります。
逃げ出せないけど、逃げ出したくなる。

いろいろ考えて何もかも止めたい気持ちが強くなりますが、
判断を保留にする気持ちを忘れずに少しずつ動きたいですね。

あっでも、地震時は自分を一番大切にして、頭を防護して逃げてくださいね。

人生初のマジックバー

マジックバーなるものに行ってきました!!

一言で表すと、いや~、面白い。
すごくシンプルなんですけど、魅せてくれるというなんとも素敵な時間でした

演出、言葉の選び方、所作などなど、エンターテイナーとしての魅せ方はさすがです。

マジックバー 十時 http://www.empowermagic.jp/

系列店の名前も面白い。「十二時」と「八時」

ハワイ店の名前候補は「二時」らしい。
なぜ二時か。虹が有名な場所らしく、それに掛けて「二時」

時グループ公式サイトより

トリックとは人の心のドアの鍵
マジックとは人の心が踊るもの
マジシャンは人の心を開ける人

中学生からの哲学「超」入門~自分の意志を持つということ

今日はフォトリーディングした
『中学生からの哲学「超」入門~自分の意志を持つということ』
(竹田青嗣 著/ちくまプリマー新書)について。

人は独自の「自己ルール」を持ち、
他者の「自己ルール」と批評、交換、調整しあいながら、
自身のそれを認識し理解する。

「他者は、自分に承認を与えてくれる唯一の源泉であり、
また、自己価値を奪いうる唯一の存在でもある」

社会は他者との承認ゲームであり、いかにそのゲームをよりよく生きていくか、
またそのゲームが自分にとって良いものなのかは「自己ルール」によって
判断される。

「自己ルール」とは良し悪しや美醜の内的ルールであり、また生への欲望である。
欲望を持つとは、そこに生きる理由が現れるということ。

過去は「人間が自由になるための三つの条件」があった。

「自由な意思により結合された家庭」

「自分の意思による職業選択」

「国家の一員になること」

現代において、この自由になるための条件はすでに達成されている。
自由に恋愛もできるし、結婚もできる。
職業も選べる。自立した社会人である。

これからの「自由の条件」とは。

皆が想い描くような欲望(「一般欲望」)を持つのではなく、
「自己のルール」を再確認し、自身の「一般欲望」を再吟味した後に、
自分の生への意思を持つ(=固有欲望を持つ)ことが
豊かな人生、幸せな人生を生きるということにつながるのではないか。