blog

アレハンドロ・ホドロフスキー監督「リアリティのダンス」


活動サインのグランドクロスの真っ只中、
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の
「リアリティのダンス」試写会に行ってきました。

カモワンタロットを復刻した方に直接タロットリーディングをしてもらえるかも
という単純な気持ちで他の予備知識を入れず、試写会のチケットを取りました。

内容については、
熱く激しく、そして深過ぎるので詳細には書けません。

テーマとして感じたのは、
家族、愛、死、再生、富、才能、権威、故郷、
過去、未来、セクシュアリティ、四大元素(火、空気、地、水)、私とは何か。
人生のすべてが詰まっていました。

活動サインのグランドクロスを前ふりにしたのは、
私の出生図ホロスコープにかなりの変化をもたらす配置だからです。

私の太陽星座は、
家族、安住の地、故郷などを意味する4ハウスの天秤♎︎13度にあります。

この♎︎太陽に、現在の天体配置で火星が0度・木星と冥王星が90度・
天王星が180度でそれぞれ角度を作っているのです。

ホドロフスキー監督とリアリティのダンスは、
家族や安住の地、人生に対して私はどうしたいのか、を考えるようにと教えてくれました。

残念ながら、映画終了後の講演会でのタロットリーディングには当たらなかったのですが、
ホドロフスキー監督の哲学、人生、家族に対する熱い念いを

直接聴くことが出来て、より良かったです。

http://www.uplink.co.jp/dance/

<おまけ(が1番重要かも)>
ホドロフスキー監督からの問い

1、あなたの人生の目的は何ですか?
2、人類、集団としての人生の目的は何ですか?
3、1と2に違いはありますか?
4、違いがあるのならば、あなたの人生の目的を変える必要があるのではないですか?

講演会の様子(主催者側からの許可済)
20140423-003904.jpg

20140423-003954.jpg

2014-04-22 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment