2014-04

活動サインにおけるグランドクロスって何?

昨日のブログでも少し書きましたが、
現在の天体配置が占星術の世界で話題となっています。

どういう天体配置かというと、
牡羊サイン♈︎に天王星、蟹サイン♋︎に木星、
天秤♎︎サインに火星、山羊♑︎に冥王星です。
この4つのサインは活動を表すサインです。

今日はそれぞれのサインの頂点(ピーク)にいます。

chart_140423

今日始まった訳ではなく、
今年の頭くらいからクロス(十字)の形を時々とっていて、
7月25日付近で木星が獅子♌︎に移動するまで影響があります。

このグランドクロスはどんなことを教えてくれているのでしょうか?

牡羊♈︎の天王星は、変われるチャンス!行動するのは今!
山羊♑︎の冥王星は、一つ一つしっかりやっていこう!
蟹♋︎の木星は、家族や故郷を大事にしよう!
天秤♎︎の火星は、今ある関係をどう維持する?止める?続ける?を決断しよう!

私はこう解釈しました。
「自分で決めると変われるよ。でも土台も忘れずに。」

ちなみに、私にとって何が起こったかというと、
火星が♎︎に入る頃、無意識にいらいらしていました。
何にいらいらしているのかを書いて認めたら、落ち着きました。

同時に以前より弱い腰をひどく痛め、
色々と環境を改善しようとしていますが、まだ時々痛みます。

これは、♎︎が身体上の腰を受け持っていることも関係していますが、
行動を起こすにも身体が資本だよと教えてくれたようです。
これはいずれ火星が♎︎を抜ける時には
落ち着くでしょう。

このグランドクロスを知った半年前に、
この2014年は変化を楽しむ日々を過ごそうと決めましたので、
なにが起きても受け止める心で行動しています。

2014-04-23 | Posted in astroNo Comments » 

 

アレハンドロ・ホドロフスキー監督「リアリティのダンス」

活動サインのグランドクロスの真っ只中、
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の
「リアリティのダンス」試写会に行ってきました。

カモワンタロットを復刻した方に直接タロットリーディングをしてもらえるかも
という単純な気持ちで他の予備知識を入れず、試写会のチケットを取りました。

内容については、
熱く激しく、そして深過ぎるので詳細には書けません。

テーマとして感じたのは、
家族、愛、死、再生、富、才能、権威、故郷、
過去、未来、セクシュアリティ、四大元素(火、空気、地、水)、私とは何か。
人生のすべてが詰まっていました。

活動サインのグランドクロスを前ふりにしたのは、
私の出生図ホロスコープにかなりの変化をもたらす配置だからです。

私の太陽星座は、
家族、安住の地、故郷などを意味する4ハウスの天秤♎︎13度にあります。

この♎︎太陽に、現在の天体配置で火星が0度・木星と冥王星が90度・
天王星が180度でそれぞれ角度を作っているのです。

ホドロフスキー監督とリアリティのダンスは、
家族や安住の地、人生に対して私はどうしたいのか、を考えるようにと教えてくれました。

残念ながら、映画終了後の講演会でのタロットリーディングには当たらなかったのですが、
ホドロフスキー監督の哲学、人生、家族に対する熱い念いを

直接聴くことが出来て、より良かったです。

http://www.uplink.co.jp/dance/

<おまけ(が1番重要かも)>
ホドロフスキー監督からの問い

1、あなたの人生の目的は何ですか?
2、人類、集団としての人生の目的は何ですか?
3、1と2に違いはありますか?
4、違いがあるのならば、あなたの人生の目的を変える必要があるのではないですか?

講演会の様子(主催者側からの許可済)
20140423-003904.jpg

20140423-003954.jpg

2014-04-22 | Posted in blogNo Comments »